スポンサードリンク(Google)

三遊亭圓歌さん死去。昭和の名人がまた一人逝く

落語家の三代目・三遊亭圓歌さんが亡くなった。
24日複数メディアによると三遊亭圓歌さん(本名:中沢円法)が23日午前、自宅で倒れて救急搬送されたが意識が無く、午後1時25分結腸がんによる腸閉塞のため死亡が確認された。85歳


昭和20年9月に先代の二代目円歌に入門。三遊亭歌奴として33年に真打ち昇進
同世代の林家三平(先代)とともに若手世代をリードする噺家として活躍

歯に衣着せぬチャキチャキした江戸っ子らしい独特な語り口が特徴。
新作古典問わずレパートリーを持ち、特に自身の生い立ちを題材にした創作落語「中沢家の人々」は三遊亭圓歌の代表ネタの一つとして人気だった

謹んでご冥福をお祈りします

三遊亭 圓歌(さんゆうてい えんか)
本名:中澤円法 (なかざわえんぽう)
生年月日:1932年1月10日
出身:東京都向島
落語協会ホームページ




sponsoredlink

最近の記事


Powered by Seesaa